ドクター紹介

深堀 純也

Junya Fukabori

プロフィール

前職では、全国展開する某美容外科で院長を歴任。各地を奔走した。
美容に興味を持ったきっかけは、自身が受けた二重の整形手術。人生が大きく変わる経験をしたことで、この分野に強く興味を持つようになった。念願の美容外科医になると、その思いはさらに加速する。外見が美しくなる、あるいは若返ることで、内面まで美しく変わっていく ― そんな人々を日々目の当たりにする中で、美容医療の意義と社会的な価値を確信するに至った。約5年間で美容外科施術の全般を習得するとともに、アメリカ、韓国、中国などでの技術研修にも積極的に参加。世界トップレベルの手技を学んできた。
分析好きで妥協を許さない性格で、今なお貪欲に進化を求め続けている。特に高い意識で取り組んでいるのは、ダウンタイムをいかに軽くするかということ。

得意分野

  • 顔関連施術全般(脂肪注入含む)
  • 太もも・お尻・ウエストの脂肪吸引
  • 脂肪注入豊胸

診療担当

  • THE CLINIC 大阪
  • THE CLINIC 東京

ドクターストーリー

たゆまぬ技術の研鑽、全てはゲストの笑顔のために。

美容外科医になろうと思ったきっかけは何ですか?

学生時代に受けた、二重の整形手術です。このおかげで長年のコンプレックスが解消され、自分に自信が持てるようになりました。すばらしい美容施術は一人の人間の人生をも変えうる力を持つのだということを、身をもって経験したわけです。自分と同じような感動を、より多くの人に味わってもらいたい。そんな思いが原動力でした。今でも、二重整形をはじめとする顔の施術は、得意分野の一つです。

ボディデザインに特化したTHE CLINICを選んだ理由は?

顔と並ぶ得意施術は、脂肪吸引と脂肪注入豊胸で、以前からこだわりがありました。たとえば脂肪吸引では、ただたくさんの脂肪を取ることだけを良しとはせず、女性らしい(あるいは男性らしい)魅力を引き出す、メリハリのあるデザインが重要だと考えていたのです。
ただ、独自に研究を続けても、伸びしろには限界があります。だったら、脂肪の分野を常にリードするTHE CLINIC に身を置き、さらなる高みを目指そうと決心したのです。脂肪を活用する美容施術の技術を追求して、価値の高い医療サービスを世に発信、提供していきたいと考えています。

どのような美容外科医を目指していますか?

自分が築いてきた実績にしがみつくことなく、常に上を目指していたいと考えています。言うなれば「進化し続ける美容外科医」といったところでしょうか。自分に厳しく、常に危機感を持ち続けることが、最終的にはゲストの利益にもつながると考えています。
またゲストからは「何でも気軽に相談できるドクター」と思われると嬉しいです。遠慮せずざっくばらんに要望を伝えていただくことが、施術を良い方向に導くことは間違いありません。それを引き出すのも医師の大事な役割。いかにも”お医者さん”という雰囲気を感じさせない医師でありたいです。

経 歴

  1. 1985年
    東京生まれ
  2. 2010年
    秋田大学医学部卒業
    東京医科歯科大学 入職
  3. 2011年
    三楽病院 入職
  4. 2012年
    東京美容外科 入職
  5. 2013年
    東邦大学医療センター形成外科 入職(非常勤)
  6. 2014年
    東京美容外科松江院 院長就任
  7. 2015年
    東京美容外科青森院 院長就任
  8. 2016年
    ガーデンクリニック名古屋院 院長就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 入職

資 格

  • 日本美容外科学会会員
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本抗加齢医学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • 深堀 純也
    ベイザーリポ(VASER Lipo)は、トレーニングを経て認定されたドクターしか行えない脂肪吸引技術です。この認定証は、ベイザーリポ(VASER Lipo)の提供を正式に認められているドクターの証です。