ドクター紹介

森 智恵子

Chieko Mori

プロフィール

産婦人科と美容皮膚科で併せて25年、女性と向き合い続けてきた経験から女性の心身を熟知するドクター。麻酔科医としても活躍の経験があり、安全で痛みの少ない治療を実践。さらに、博士号を取得する知的派でもある。 美容皮膚科ではバックエイジングに関するお悩みを中心に多くの女性を治療してきたが、THE CLINICの脂肪活用術を知ったことが人生の転機に。高い効果への驚きとともに、それを多くの人に実感してもらいたいという思いが強まり入職を決意する。 アラフィフ世代の主婦や働く女性へのサポートを常に意識。美容評論家として出演するTV番組でもおなじみの底抜けに明るいキャラクターもあり、たくさんの女性ファンから支持を得ている。

得意分野

  • バックエイジング施術
  • 産後のお悩み改善
  • 麻酔管理
  • 全身管理

診療担当

  • THE CLINIC 東京

ドクターストーリー

女性の声を聞いて25年、ゲストの喜びこそ私の幸せ

美容外科医になろうと思ったきっかけは何ですか?

女性って少し若返っただけで元気や勇気、やる気が出たりするものですよね。逆に、老化を感じるとマイナス面の志向が強まる傾向があります。
それは産婦人科医の頃から感じていました。ホルモンの関係はもちろんですが、出産の高齢化が進んでいる現代では、出産と老化症状の現れる時期が重なります。そのため、産後に老けたと感じる女性が多く、実際に切実なお悩みもたくさん聞いてきました。
美容外科医になったのは、そんな人たちが充実した人生を送る手助けをしたいという思いからです。

ボディデザインに特化したTHE CLINICを選んだ理由は?

その人の本来の美しさはそのままに、やり過ぎることなく仕上げる。THE CLINICには、それを実現するセンスと技術があると感じました。つまり、ゲストのこれまでの人生を否定するのではなく、それをより美しく引き出すことができるクリニックだと思ったことがひとつあります。
もうひとつは、脂肪の活用という概念を初めて知ったことです。その用途の広さや効果には目からウロコ。まさに、美容皮膚科での経験が覆るようなダイナミックさがすごく魅力的でした。

どのような美容外科医を目指していますか?

コンプレックスを吹き飛ばして人生に活力を与える。思い描くのはそんな美容外科医です。ゲストに心から喜んでいただけることが、私の幸せですから。
そのためには、やっぱり一にも二にもコミュニケーションですよね。産婦人科歴も長いので、女性の体や心の知識には誰にも負けない自信があります。ただ、その経験に頼りすぎないということも重要です。ゲストの求めるものは一人ひとり違いますからね。それを汲み取り、その人に最適な治療を提供していくことで理想像に近づければと考えています。

経 歴

  1. 1966年
    福岡県生まれ
  2. 1991年
    久留米大学医学部 卒業
  3. 1993年
    国立長崎中央病院 ローテート研修 修了
  4. 1995年
    久留米大学医学部 産婦人科学教室 入局
  5. 2002年
    某美容皮膚科クリニック 入職
  6. 2016年
    THE CLINIC 入職

資 格

  • 産婦人科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 精神科指定医
  • 認定産業医
  • サーマクール認定医
  • 世界レーザー医学会認定医
  • TOTAL DEFINER by Alfredo Hoyos 認定医
  • 森 智恵子
    ベイザーリポ(VASER Lipo)は、トレーニングを経て認定されたドクターしか行えない脂肪吸引技術です。この認定証は、ベイザーリポ(VASER Lipo)の提供を正式に認められているドクターの証です。