妊娠線

お腹を隠さず見せられる!
ポジティブ思考への第一歩

  • 症状と原因
  • 改善法
  • 料 金

妊娠線の症状

妊娠線は半数以上の妊婦に出る症状で、2人目以降の妊娠では8割に上るとも。皮膚に赤紫色や白色の傷跡のような線ができるだけでなく、かゆみが生じることもあります。

  • スイカの縞のよう
    下腹部やおへそ周辺にできた線が目立つ。
  • 肌の表面がデコボコ
    色が薄くなっても目立つ妊娠線の窪み
  • 老人のようにシワシワ
    たるみジワと妊娠線のダブルのお悩み。
  • お腹以外にも妊娠線
    太ももや胸にも妊娠線ができてしまった。

妊娠線ができる原因

妊娠線は皮膚が裂けてできた傷跡です。妊娠による急激なお腹の張り出しに皮膚の伸びが追いつかず、真皮や皮下組織まで裂けてしまうことで起こります。断裂部分が赤紫色やピンク色に見えるのは毛細血管が透けているせいで、表皮が修復する過程で白く薄くなっていきます。しかし、真皮や皮下組織は修復せずに凹んだままになってしまうことも多く、妊娠線がデコボコしているように見えるのです。
妊娠中に体重が急増した方や経産婦、高齢出産、皮膚の伸びにくいもともと細身な方、多胎妊娠の方、乾燥肌の方に出やすい症状。妊娠中に専用のクリームやオイルでしっかり保湿することである程度は防げますが、一度できてしまった場合はセルフケアで改善するのは難しいのが現実です。

妊娠線のマミーメイクオーバー

一度できたら消すのは難しいと言われる妊娠線も、皮膚の表面以外からのアプローチなら改善が可能。症状やご希望によって選べるよう、2種類の施術をご用意します。

  • マイクロCRF

    自己脂肪を高度濃縮したマイクロCRFを注入。豊富に含まれる幹細胞や成長因子の作用で肌が活性化し、組織再生を促します。

  • タミータック4D

    妊娠線や皮膚のたるみじわが生じた部分を切除する方法。同時に脂肪吸引も行うため、産後の肥満やお腹のたるみも改善できます。

  • 症状と原因
  • 改善法
  • 料 金